■ブログ内検索

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のトラックバック
■プロフィール

さな

Author:さな
何もわからないままブログを作ってしまいました。
ここには読んだ本の中からお勧めのものを選んで、感想を書いていきますが、あくまでも感想と紹介で、書評と言えるほどのものではありません。
少しでも好みが似ている方の参考になったらうれしいです。
リンクはフリーで、トラックバックも歓迎します。
ただし、本と関係のないところからのトラックバックは削除させていただく可能性があります。
ご意見はこちらへどうぞ。
kimamawaga☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

■amazon

amazonで検索

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■リンク
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
魔王 伊坂幸太郎

bk1

考えろ考えろマクガイバー。

安藤は子供の頃に見た、主人公が身近な物を武器にして戦うテレビドラマ『冒険野郎マクガイバー』のセリフを真似して、何かにぶつかるたびに「考えろ考えろマクガイバー」と心の中で自分に言い聞かせる。
でたらめでもいいから自分の考えを信じて対決していけば世界が変わる。というのがの安藤の信条だった。
世の中の雲行きは怪しくて、日本の中では反アメリカの気運が高まり、人心をつかむのに長けた犬養という政治家が支持され始めていた。けれど安藤は犬養にムッソリーニに似た危うさを感じる。
そんな中、安藤は自分に奇妙な能力があることに気づき……。

危うい社会の流れを感じた男が、役に立つのか立たないのか微妙な、不思議な能力を使って、その流れを変えようと戦う話です。
彼の感じている不安は、私たちのすぐ側にある不安と直結していて身に迫ってきます。
世の中の人々が疑問を覚えることもなく風潮に流されている中、安藤は自分で考え行動します。それが正しいことだったのかはわかりませんが、自分の頭で考えて戦う安藤の姿には芯が通っていて、大きな流れの前には無力でも力強さがありました。
文中に引用されている宮沢賢治の詩がまた効果的で。
「考えろ考えろマクガイバー」を始めとする、作中で何度か繰り返される文も、ラストまで効いてきます。
両親に早くに死なれて、二人で生きてきた弟の潤也との関係もよいです。考える兄と、感じる弟。性格は似ていないのに仲がよく、潤也は「兄貴は考えすぎだ」と言って、ゴキブリがどうして嫌われるのかとかそういう身近で現実的なことを考えればいいのだと馬鹿話をします。こういう軽快な会話も随所に織りこまれていて良いです。

「魔王」のラスト四ページくらいの文章がとても好きでした。
こういう場面をすがすがしく描いているところが魅力的だと思います。

後半には「魔王」から五年後の潤也の物語である「呼吸」が収録されています。
スポンサーサイト


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

伊坂幸太郎 | 17:22:32 | Trackback(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。