■ブログ内検索

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のトラックバック
■プロフィール

さな

Author:さな
何もわからないままブログを作ってしまいました。
ここには読んだ本の中からお勧めのものを選んで、感想を書いていきますが、あくまでも感想と紹介で、書評と言えるほどのものではありません。
少しでも好みが似ている方の参考になったらうれしいです。
リンクはフリーで、トラックバックも歓迎します。
ただし、本と関係のないところからのトラックバックは削除させていただく可能性があります。
ご意見はこちらへどうぞ。
kimamawaga☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

■amazon

amazonで検索

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■リンク
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Xトーク(クロストーク)来楽零

bk1

「怖い話をするっていうのは、それ自体が怖いことなんだよ」
(七不思議の向こうで)


前作『ロミオの災難』は「ちょっと怖い物語」と書いてあったけど全然怖くなかったですが、今回は本当にホラーです。
怪奇小説を書く人たちが集まるサイトのオフ会で、それぞれが持ってきた怖い話をするというかたちの短編集。
自分的に一番怖かったのが二話目の「ヘッドハンティング」です。
「夜一人で歩いていると、頭に袋をかぶって手に鉈を持った奴に首を狩られる」という都市伝説を聞いた主人公は、そんな馬鹿な話、と相手にもしなかったのだけど、塾帰りに転んでちょっとした怪我をした後、踏切の向こうに変な人影を見つけてしまいます。
「とくに血のにおいをさせていると危ない」という言葉を思い出してゾッとした主人公。
詳しく書くと完全ネタバレになってしまうのでやめておきますが、首狩りと出会ってしまった後が本題になってます。
怖いです。
で、一番好きな話はラストの「七不思議の向こうで」。
これは怖い話が大好きで、学校の七不思議を探そうとする少女が、いきなり二つの不思議に出会ってしまい、「七つ全部に出会うと大変なことになるらしい」と知って、今度は不思議を避けようとする話。
「怖いもの見たさ」という言葉があるけど、やっぱり恐怖に惹きつけられる気持ちってありますよね。
怖いものを避けようとしながらも、どうにもそれに惹きつけられる茜の気持ちが丁寧に描写されています。
全体的に粒選りな短編集という感じで、このまま「世にも奇妙な物語」の原作にもできそうだなと思いました。
スポンサーサイト


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

来楽零 | 20:54:02 | Trackback(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。