■ブログ内検索

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のトラックバック
■プロフィール

さな

Author:さな
何もわからないままブログを作ってしまいました。
ここには読んだ本の中からお勧めのものを選んで、感想を書いていきますが、あくまでも感想と紹介で、書評と言えるほどのものではありません。
少しでも好みが似ている方の参考になったらうれしいです。
リンクはフリーで、トラックバックも歓迎します。
ただし、本と関係のないところからのトラックバックは削除させていただく可能性があります。
ご意見はこちらへどうぞ。
kimamawaga☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

■amazon

amazonで検索

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■リンク
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
阪急電車 有川浩

bk1

「一つだけ条件を飲んだら別れてあげるわ。でもこれを飲まなかったら婚約不履行で訴える」
 五年も付き合った挙句、何ヶ月も結婚準備までしたのだ。彼の懐具合は把握している。出来婚したうえ婚約不履行で争って慰謝料を払うほどの余裕はない。
 ごくりと唾を飲んで待ち受ける二人に翔子は宣告した。
「結婚式には必ず呼んで」


片道15分、始点から終点まで8駅という阪急今津線を舞台にした本です。
いろんな人たちのいろんな人生が、ほんの少しだけ触れ合っては離れていく物語でした。

宝塚駅    征志、運命の女性に会う
宝塚南口駅 翔子、呪いの願をかける
逆瀬川駅   時江、犬を飼おうと思う
小林駅    翔子、小林駅で途中下車
仁川駅    ミサ、別れの覚悟をする
甲東園駅   悦子、年上の彼の話を披露
門戸厄神駅 圭一、初めての恋の予感
西宮北口駅 そして、電車は折り返す

で、折り返した電車はこの逆順をたどって再び宝塚駅を目指すわけです。
折り返しは半年後。
半年の間にみんな少しずつ変わっていました。
出会った二人は恋人になり、しょーもない男と付き合っていたミサは男と別れ、復讐を終えた翔子は新しい道を歩き出し。
いいですね、こういうの。

自分的に一番面白かったのが、冒頭に上げた翔子の物語。
結婚直前に男を寝取られた翔子の怒りに、読んでいて同調してしまいました。
新郎も新婦も最低。
結婚式にはタブーとされる純白のドレスで美しく装って新郎新婦の前に現れる翔子は、なかなかかっこよかったです。
一つ一つは本当に短い話ですが、いろんな人生が垣間見えて、面白かったです。
スポンサーサイト


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

有川浩 | 15:24:44 | Trackback(1)
阪急電車 有川浩
装画は徒花スクモ。装幀は平川彰。「パピルス」掲載に折り返し分書き下ろし。 8駅片道15分間の阪急電車今津線、折り返し16編の連作短編集。平凡だけど個性豊かな老若男女の乗客たちが織り成すドラマ。各駅ごとに変わる主人公た 2008-02-09 Sat 02:50:40 | 粋な提案

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。