■ブログ内検索

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のトラックバック
■プロフィール

さな

Author:さな
何もわからないままブログを作ってしまいました。
ここには読んだ本の中からお勧めのものを選んで、感想を書いていきますが、あくまでも感想と紹介で、書評と言えるほどのものではありません。
少しでも好みが似ている方の参考になったらうれしいです。
リンクはフリーで、トラックバックも歓迎します。
ただし、本と関係のないところからのトラックバックは削除させていただく可能性があります。
ご意見はこちらへどうぞ。
kimamawaga☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

■amazon

amazonで検索

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■リンク
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ロミオの災難 来楽零

bk1

もうすぐ劇が終わる。あとは墓地でロミオとジュリエットがすれ違いの死を遂げればお終いだ。
何が起ころうと、死んだ人の気持ちがどんなふうに暴走して、誰が何をやらかしてしまおうと、絶対に無事に閉幕までこぎ着けてやる。
生きている人間をなめるな。


今回は前作『哀しみキメラ』とはまったく作風が違います。
暗くないし、「ちょっと怖い物語」と書いてあったけど、ホラー要素もほとんどありませんでした。
ただ、口絵の一枚目はちょっとホラーですね。
ジャンルというと、不思議系学園モノでしょうか。
1年生ばかり五人しかいない演劇部員たちは、五人の役者でできるロミオとジュリエットの台本に配役を書き込んだときから、知らない誰かの恋心に操られて翻弄されます。
キャラクターがそれぞれ魅力的です。
好きな女子がいるのに、なぜか同性の主人公にときめいてしまう美形モテ男西園寺と、いきなり友人に抱きしめられてしまって戸惑う主人公のやりとりも楽しかった。
ヒロインも魅力的な美少女で、今まで誰かに恋をしたことがなくて、初めての恋だとうれしそうに迫りますが、主人公はその幸運に乗っかることはしません。
大好きな人に迫られて、「元の状態に戻ってからもう一度言ってくれ」と言うのは、切ないでしょうね。いい人だ。

公演では別人の嫉妬心に煽られて、それぞれがいろんな妨害行為をやらかしますが、同時にそれぞれがその妨害と戦います。
個人的には、布を巻きつけただけの姿で、堂々と舞台に出ていく西園寺が大好きです。
格好はともかく、男前でした。

面白かったです。
きれいに終わっているから続編はないんでしょうか。
キャラクターも好きだし、もっと読みたいなと思う物語でした。
スポンサーサイト


テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

来楽零 | 00:19:48 | Trackback(2)
(ラノベ) ロミオの災難(1)[来楽零]
ロミオの災難posted with amazlet on 08.01.23来楽 零 メディアワークス (2008/01/10)売り上げランキング: 1082おすすめ度の平均: Amazon.co.jp ロミオの災難 第01巻 (電撃文庫 ら 4-5) 著者 来楽 零 イラスト さくや朔日(さくやついたち)  月面重力加... 2008-01-23 Wed 23:13:48 | しばいてぃてぃ
ロミオの災難
ロミオの災難 (電撃文庫 ら 4-5)来楽 零 メディアワークス 2008-01-10売り上げランキング : 420Amazonで詳しく見る by G-Tools 実におもしろかった。 シリアスとコメディと青春が適度なバランスで織り込まれ、 深刻になりすぎず砕けすぎず、しっかりテーマが伝わってくる... 2008-01-30 Wed 23:05:46 | Alles ist im Wandel

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。