■ブログ内検索

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のトラックバック
■プロフィール

さな

Author:さな
何もわからないままブログを作ってしまいました。
ここには読んだ本の中からお勧めのものを選んで、感想を書いていきますが、あくまでも感想と紹介で、書評と言えるほどのものではありません。
少しでも好みが似ている方の参考になったらうれしいです。
リンクはフリーで、トラックバックも歓迎します。
ただし、本と関係のないところからのトラックバックは削除させていただく可能性があります。
ご意見はこちらへどうぞ。
kimamawaga☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

■amazon

amazonで検索

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■リンク
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バッテリー4 あさのあつこ

bk1

「おまえら、バッテリー組んでも、お互い潰し合うだけやで」

名門横手との試合にこぎつけた新田東野球部。
しかし巧は4番門脇を完璧な投球で打ち取った直後、崩れてしまいます。
生まれて初めてめった打ちされ、交代させられた巧。
巧が打たれたのは自分のせいだと感じる豪。
豪は練習でも巧のボールを受けようとしなくなります。

冒頭の青文字は、横手の5番、瑞垣のセリフです。
なんで自分を打ち取った後に巧が崩れてしまったのかわからずに困惑し、腹立たしく思う門脇の側で、みんなわかっているようなセリフを吐く不思議なキャラです。
実際に側にいたら、あんまりうれしくないけれど、小説のキャラクターとしてはかなり存在感があります。

スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

あさのあつこ | 21:20:39 | Trackback(0)
バッテリー3 あさのあつこ

bk1

「巧。おまえにだけは、絶対負けん。おれが、おまえにとってたったひとりの最高のキャッチャーだって心底わからせてやる」

2巻で起きた事件によって活動停止になっていたが、その処分も明け、再び活動できるようになった野球部。
本当の事情を隠して、表向きの解決にもやもやを抱えての再開ですが、巧も豪も再び野球ができる喜びを味わいます。
ただ、最後の大会を出場辞退し、そのまま引退ということになってしまう3年生たちのために、監督の戸村は同じ県の強豪校、横手との試合をしたいと校長に頼みます。
あんな強豪校に練習試合など申し込むことはできないと言う校長に、戸村らは一計を案じます。
横手の四番打者門脇を呼び出して、公園での対決。
会心の一球を取りそこねた豪。
次の一球、ホームランを打たれた巧。
このあたりの描写はわくわくしますね。
バッテリーの本当の危機です。

テーマ:あさのあつこ - ジャンル:小説・文学

あさのあつこ | 11:57:18 | Trackback(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。