■ブログ内検索

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のトラックバック
■プロフィール

さな

Author:さな
何もわからないままブログを作ってしまいました。
ここには読んだ本の中からお勧めのものを選んで、感想を書いていきますが、あくまでも感想と紹介で、書評と言えるほどのものではありません。
少しでも好みが似ている方の参考になったらうれしいです。
リンクはフリーで、トラックバックも歓迎します。
ただし、本と関係のないところからのトラックバックは削除させていただく可能性があります。
ご意見はこちらへどうぞ。
kimamawaga☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

■amazon

amazonで検索

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■リンク
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
魔王 伊坂幸太郎

bk1

考えろ考えろマクガイバー。

安藤は子供の頃に見た、主人公が身近な物を武器にして戦うテレビドラマ『冒険野郎マクガイバー』のセリフを真似して、何かにぶつかるたびに「考えろ考えろマクガイバー」と心の中で自分に言い聞かせる。
でたらめでもいいから自分の考えを信じて対決していけば世界が変わる。というのがの安藤の信条だった。
世の中の雲行きは怪しくて、日本の中では反アメリカの気運が高まり、人心をつかむのに長けた犬養という政治家が支持され始めていた。けれど安藤は犬養にムッソリーニに似た危うさを感じる。
そんな中、安藤は自分に奇妙な能力があることに気づき……。

危うい社会の流れを感じた男が、役に立つのか立たないのか微妙な、不思議な能力を使って、その流れを変えようと戦う話です。
彼の感じている不安は、私たちのすぐ側にある不安と直結していて身に迫ってきます。
世の中の人々が疑問を覚えることもなく風潮に流されている中、安藤は自分で考え行動します。それが正しいことだったのかはわかりませんが、自分の頭で考えて戦う安藤の姿には芯が通っていて、大きな流れの前には無力でも力強さがありました。
文中に引用されている宮沢賢治の詩がまた効果的で。
「考えろ考えろマクガイバー」を始めとする、作中で何度か繰り返される文も、ラストまで効いてきます。
両親に早くに死なれて、二人で生きてきた弟の潤也との関係もよいです。考える兄と、感じる弟。性格は似ていないのに仲がよく、潤也は「兄貴は考えすぎだ」と言って、ゴキブリがどうして嫌われるのかとかそういう身近で現実的なことを考えればいいのだと馬鹿話をします。こういう軽快な会話も随所に織りこまれていて良いです。

「魔王」のラスト四ページくらいの文章がとても好きでした。
こういう場面をすがすがしく描いているところが魅力的だと思います。

後半には「魔王」から五年後の潤也の物語である「呼吸」が収録されています。

スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

伊坂幸太郎 | 17:22:32 | Trackback(0)
シフト3 うえお久光
shift3
bk1

「おれは、委員長より自分の方がかわいい。だから委員長よりも、自分のことを優先する。ちゃんと最初に言ったよね? たとえ委員長の命が懸かっていようとも、あくまで大事なのはまず『おれ』で、その次もおれの都合で、次の次の次くらいが委員長だって」

高嶋空は、いつも苦痛を伴いながらハイレベルの戦士カレンの中にソラとしてシフトする。
それを知った赤松裕樹は、空を助けると約束しますが……。

ソラがなぜ苦痛を伴って、しかも本体なしでカレンの中にシフトするのか、その理由はラストで明かされます。
空を助けた赤松は、ほぼ事情がわかっているわけですが、空の方は、シフトした赤松だとは知らないまま、カレンの目を通して彼を見ています。
『自分が大事』と言いながら、やたら無理をしてしまう赤松と、心の中で赤松に『絶対にあなたを裏切らない』と誓った空が、この後いつ、どんな形でシフト界で出会うのか。
次が楽しみです。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

うえお久光 | 21:17:12 | Trackback(0)
シフト2 うえお久光


なんの『義理』も『借り』もなかったにもかかわらず、ただ知り合ったというだけで、怪物のおれを心配し、セラは助けに来てくれた
「あのとき、おれは、本当に、うれしかったんだ」
だから、今度はおれが助けると決めた。


死んだはずの極悪人『ダイス6』が迫ってくる。
セラが襲われたそんなフラッシュバックの原因を突き止めるために、ラケル(現実世界では赤松裕樹)が動きます。
シフトした世界で死んだら、現実世界ではその記憶をなくしてしまう。
だからこの世で『ダイス6』は、シフトした世界を忘れて、普通の中高生として生きているはずなのに。
そうして現実世界で起こる事件。

1巻に続き、本当にいい物語でした。
先はまだ長いでしょうが、最後まで見届けたいシリーズです。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

うえお久光 | 01:22:37 | Trackback(0)
「2008年上半期ライトノベルサイト杯」
読んだ本の感想も、書こう書こうと思いながら、つい延び延びになっている弱小怠けサイトですが、やっぱりお祭りがあるなら踊らにゃそんそん、ってことで、「2008年上半期ライトノベルサイト杯」に参加してみます。
お勧めの中にはまだ感想書いてないものも結構ありますが、すみません、近いうちに書きます。

「新規作品部門」

ロミオの災難 来楽零
【08上期ラノベ投票/新規/9784840241526】
突然降って湧いた台本に翻弄される演劇部員たち。キャラクター全員に好感が持て、読後感もさわやかです。
これは自分的に大当たりの作品でした。



とある飛空士への追憶 犬村小六
【08上期ラノベ投票/新規/9784094510522】
人気が高いようなので読んでみたんですが、よかったです。
がんばるヒーローも、旅の中で自分を取り戻していくヒロインも魅力的でした。



MAMA 紅玉いづき
【08上期ラノベ投票/新規/9784840241595】
魔術学院の落ちこぼれ少女トトと、封印された魔物ホーイチの物語。
好き嫌いが分かれるかもしれませんが、この作者独特の雰囲気がなかなかよかったです。



阪急電車 有川浩
【08上期ラノベ投票/新規/9784344014503】
束の間同じ空間を共有し、離れていく乗客たちの人間模様。
短編連作ですが、読み始めたら一気読みでした。



君のための物語 水鏡希人
【08上期ラノベ投票/新規/9784840241663】
男一人の表紙というのは、電撃文庫ではかなり珍しいですね。
中身も電撃っぽい派手さはなく、でもそれが自分的にはツボでした。



「既存作品部門」

シフト 1―世界はクリアを待っている うえお久光
【08上期ラノベ投票/既存/9784048670890】
眠ると、まるでゲームの中にいるような異世界にシフトしてしまう中高生たち。
ストーリー展開も人間の描写も見事なお勧め作品です。



空の中 有川浩
【08上期ラノベ投票/既存/9784043898015】
少年が拾った不思議なクラゲモドキとの交流。でも実はそれは・・・。
ハードカバーで読んだのですが、文庫になったのを機会に、ぜひたくさんの人に読んでもらいたい作品です。



とらドラ7 竹宮ゆゆこ
【08上期ラノベ投票/既存/9784048670197】
この作者ならではの軽快に読者を巻き込んでいくハイテンポな文章が相変わらず魅力的。
主人公とヒロインを中心とした濃いキャラたちの関係も煮詰まってきて、とてもよい感じです。



夜市 恒川光太郎
【08上期ラノベ投票/既存/9784043892013】
何かを買うまで出られない「夜市」で、小学生だった祐司は幼い弟を売って野球の才能を買い、「夜市」を出た。
そして再び・・・。切なくて心に残る結末でした。



NO.6 〔ナンバーシックス〕♯2 あさのあつこ
【08上期ラノベ投票/既存/9784062756358】
近未来ファンタジー。(または地球に似た異世界かも)
まだ完結してませんが、文庫化されたのでこれもお勧めしておきます。





テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

その他 | 11:20:33 | Trackback(0)
Xトーク(クロストーク)来楽零

bk1

「怖い話をするっていうのは、それ自体が怖いことなんだよ」
(七不思議の向こうで)


前作『ロミオの災難』は「ちょっと怖い物語」と書いてあったけど全然怖くなかったですが、今回は本当にホラーです。
怪奇小説を書く人たちが集まるサイトのオフ会で、それぞれが持ってきた怖い話をするというかたちの短編集。
自分的に一番怖かったのが二話目の「ヘッドハンティング」です。
「夜一人で歩いていると、頭に袋をかぶって手に鉈を持った奴に首を狩られる」という都市伝説を聞いた主人公は、そんな馬鹿な話、と相手にもしなかったのだけど、塾帰りに転んでちょっとした怪我をした後、踏切の向こうに変な人影を見つけてしまいます。
「とくに血のにおいをさせていると危ない」という言葉を思い出してゾッとした主人公。
詳しく書くと完全ネタバレになってしまうのでやめておきますが、首狩りと出会ってしまった後が本題になってます。
怖いです。
で、一番好きな話はラストの「七不思議の向こうで」。
これは怖い話が大好きで、学校の七不思議を探そうとする少女が、いきなり二つの不思議に出会ってしまい、「七つ全部に出会うと大変なことになるらしい」と知って、今度は不思議を避けようとする話。
「怖いもの見たさ」という言葉があるけど、やっぱり恐怖に惹きつけられる気持ちってありますよね。
怖いものを避けようとしながらも、どうにもそれに惹きつけられる茜の気持ちが丁寧に描写されています。
全体的に粒選りな短編集という感じで、このまま「世にも奇妙な物語」の原作にもできそうだなと思いました。


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

来楽零 | 20:54:02 | Trackback(0)
シフト1~世界はクリアを待っている~ うえお久光

bk1

「……おれは死なない! 死なないんだ! たとえここで殺されたって、明日の朝には『向こうの世界』で目が覚めて、結局なにも変わらないんだ! そうだ、おれは、決して、死ぬわけじゃない」
「……そうだね。そのとおりだ。……でも……」
蜥蜴男の目が、閉じる。
下のまぶたが、持ち上がって。
閉じた目は、笑っているように『にっこり』として……
「あんたは、二度と『夢』を見ることは、ないよ」


一部の中高生が、眠るとRPGのようなファンタジーの世界へシフトし、その世界ではまったく別の生活を営む。
戦士がいて、魔法使いがいて、経験を積んでレベルを上げる。
本当にRPGの世界で、読み始めは「これは自分には合わないかもしれない」と思ったんですが、50ページほど読んだところで引き込まれ始めました。
表紙のアイパッチ娘がこの世界では戦士の職業を持つヒロイン、セラですが、この話の主人公はリザードマンのラケル。トカゲ男です。
で、このリザードマンが魅力的なんですよ。
戦う強いヒーローが出てくる物語って、久しぶりに読んだ気がします。
設定もキャラクターもストーリーも丁寧に作り込まれていて、半ば過ぎからは一気に読みました。
2巻を読むのが楽しみです。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

うえお久光 | 00:54:59 | Trackback(0)
チルドレン 伊坂幸太郎

bk1

「陣内のせいじゃないか」
「だね」
「あいつは強盗にすら迷惑をかける」


五つの短編連作。
強盗事件に巻き込まれたり、誘拐事件にちょっと関わったりしますが、事件自体は字面に比べてそれほど重くありません。
物語に常に関わっているのが、陣内という変な男。
いつも陣内の行動に呆れながら、それでも付き合っている友人鴨居や、強盗事件に巻き込まれたときに知り合った盲目の青年永瀬、永瀬の彼女の優子も、なかなか寛大な人たちだなと思いました。
永瀬は目が見えませんが、その分感覚が鋭く、自分の周囲に起こっている事件の真相を見抜いていきます。
五編それぞれが面白くて、ちょっと意外な結末がよかったです。
陣内のキャラクターがとてもいいですね。
もちろん現実世界でこういう家族や友達がいたらかなり困るでしょうけど。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

伊坂幸太郎 | 11:08:55 | Trackback(0)
とっても不幸な幸運 畠中恵

bk1

『とっても不幸な幸運』
それが商品名らしく、缶の側面に大きな字で、そう書かれている。太さはラップの芯くらい、青いゴムの蓋が付いていて、高さは十センチほどだ。一番の特徴は、何に使う品だか、分からないということだった。


『酒場』という名前の酒場を舞台に、それを経営する変わり者のオーナーと、そこに集まる一癖ある常連客たちを登場人物とする短編連作。
タイトルの『とっても不幸な幸運』は100円ショップに売っている不思議な缶で、開けると不思議なものが見えたり、変なことが起こったりします。
この作者のしゃばけシリーズとは大分感じが違いますが、やっぱり不思議テイストがあります。
ラストの6話目でオーナーの過去が明かされますが、この話だけは100円ショップの缶は出てきません。

ちょっとミステリーで、ちょっと人情もので、ちょっと不思議ものという感じでしょうか。
面白かったです。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

畠中恵 | 22:57:40 | Trackback(0)
死神の精度 伊坂幸太郎

bk1

人の死には意味がなく、価値もない。つまり逆に考えれば、誰の死も等価値だということになる。だから私には、どの人間がいつ死のうが関係がなかった。けれど、それにもかかわらず私は今日も、人の死を見定めるためにわざわざ出向いてくる。
 なぜか? 仕事だからだ。


音楽が好きで、苗字が地名で、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない。
そんな死神千葉を主人公にした短編連作。
対象者に接触し、7日間でその人の生死を決める死神。
「可」ならその翌日にその人は死に、「見送り」ならその人は死なずに済みます。
適当に「可」の報告をする死神も多い中、千葉は真面目に仕事してます。
それでもほとんどは「可」の報告をして、その対象者は死ぬわけですが。
私個人的には表題作「死神の精度」が好きです。
地味でパッとしない、電機メーカーの苦情処理係を務めている一恵の物語。
本人は一つも取り柄がないと思っていて、「いいことなしだからもう死にたい」と言いますが、実は……。
6編の短編が載ってますが、ハートウォーミングものあり、ハードボイルド調あり、アガサクリスティ調ありで、一つ一つバラエティに富んでいて、とても面白かったです。


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

伊坂幸太郎 | 23:28:30 | Trackback(0)
輪環の魔導師2 旅の終わりの森 渡瀬 草一郎

bk1

「──君の部下の仕業かな? 子供達に手を出させるな。交渉は僕と君との間で行う。彼らに何かあったら──君をこの場で殺すよ」

猫なのに、セロとフィノの保護者のような存在で、彼らを守るアルカインの姿が今回も格好いいです。
今回は、合流するはずのアルカインの仲間たちが消息を絶ち、また主人公のセロは、実体のない謎の少女に助けを求められて……というお話。
ヒロインのフィノの、セロ大好きっぷりも大いに発揮されています。
アルカインの仲間である二人も新キャラとして登場。アルカインいわく「頭が良くて常識がない男」ホークアイは、研究一番のマイペースで浮世離れした人で、「顔が良くて趣味が悪い女の子」シズクは、東洋風の顔立ちと装束の、アルカインのことが大好きな人。
シズクの趣味の悪さについてはまだあまり見えませんが、今後仲間として一緒に行動するようになったら出てくるのかな?(アルカインが好きなことに関しては大変趣味がいいと思います)
仲間たちがみんな基本的に性格がいいせいか、事態は色々大変そうだけれど、読んでいて和むところも多かったです。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

渡瀬 草一郎 | 14:22:26 | Trackback(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。